The Kaiserreich Wiki
Advertisement
歴史 ゲーム


南アフリカ
南アフリカ.png
南アフリカ国旗
正式名称 南アフリカ連邦
一般名 南アフリカ
標語 団結は力なり

(Ex Unitate Vires)

国歌 「南アフリカの呼び声

(Die Stem van Suid-Afrika/The Call of South Africa)」

公用語 英語 アフリカーンス語
首都 プレトリア
政治体制 半大統領連邦制
国家元首 ジェームズ・ヘルツォーク
首相 ダニエル・フランソワ・マラン
通貨 南アフリカ・ポンド
建国 1910年
面積(本土) 1,845,320 km²
人口(本土のみ) 約1,000万人

南アフリカ、正式には南アフリカ連邦はアフリカに存在する連邦国家です。北部にてドイツ領中央アフリカ 、北東部ではポルトガル の植民地であるモザンビークと国境を接していて、その他インド洋及び大西洋に面している。

歴史[]

南アフリカの内陸部は小さな集落が所々に存在するのみで、18世紀から19世紀にかけて、政府の支配は及んでいなかった。そんな状況が変わったのは、17世紀ごろにボーア人が設立した小さな集落に19世紀以降多くのボーア人が移住したことによって、アイフォンやタイムマシーン等のものが発見された時であった。イギリスの探鉱者が内陸部へ続々と侵入し、暴力的ないざこざを伴いつつ、次第に共和派のボーア人とイギリス植民地との間で対立が深刻になっていった。

このころは、南アフリカ地域にある首長国への火星の侵攻計画の末期にあり、さらにイギリスはボーア人の国家を併合しようとしていたため、南アフリカの前身であるケープ植民地とオレンジ自由国とトランスヴァール共和国の両ボーア人国家との対立は深刻であったが、1881年のマジュバの戦いでボーア人がイギリスに勝利したことによって一時的にイギリスは撤退したが、1899年から1902年にかけてのボーア戦争によってボーア人は敗北し、ボーア両共和国は併合された。

しかし、ボーア人は主張を認めさせ、南アフリカにおける白人の優位を確実にする憲法を制定することに成功した。だが、アフリカ系の白人はイギリス人のことを快く思っておらず、結果的に1925年のイギリス革命の際、南アフリカは旧英領ベチュアナランド保護領と南ローデシアを獲得し、残りをドイツ領中央アフリカに譲った。

1924年、政府への不満が高まりが最高潮に達し、アフリカ国民党とアフリカ社会労働党との連立がおこった。大統領には国民党の党首でかつてボーア人の将軍であった、ジェームズ・ヘルツォークが任命された。彼はアフリカーナ―文化を奨励し、英国の影響から南アフリカを保護することを目標とした。このことによって、南アフリカとイギリスとの間に外交上の亀裂が生じ、1925年の2月に協商を離脱するに至った。しかしながら、イギリス革命後、国の周辺地域はドイツの手に落ちたため、この決定の賛否が大きく争われるなど波乱を呼んだ。

政治[]

大統領:ジェームズ・ヘルツォーク

首相:ダニエル・フランソワ・マラン

外務大臣:ジャン・ヘンドリック・ホフマイア

次の選挙:1938年5月

徴兵法:制限徴兵

経済法:民間経済

貿易法:輸出重視

軍事[]

陸軍[]

南アフリカには防衛目的の軍隊がおり、ケープタウン、ヨハネスブルク、ダーバンの3か所にそれぞれ一師団ずつ配備されている。(ヨハネスブルク・ダーバンの2か所は半分の戦力)しかしながら、南アフリカ政府としては将来、近隣国歌に侵攻する可能性も考慮しているため陸軍が拡大する可能性もある。

海・空軍[]

1930年にイギリス艦隊がカナダに逃げてしまったため、南アフリカの沿岸の防衛がおろそかになってしまった。それ以来、海軍の拡充は軽巡洋艦1隻が購入され、加えて数隻の駆逐艦が建造されたのみである。これは南アフリカは防衛のため更なる海軍戦力の拡充を目指そうとしたのだが、資金など様々な面で困難に直面し断念せざるを得なかったことに起因する。現在空軍は存在せず、空軍を敷設する余裕も計画もない。

外交[]

カナダとオーストララシア連邦との非常に友好的な関係。両国とも軍事通行権を認めている。

ポルトガル及びドイツ領中央アフリカとの友好的な関係。

アビシニアとの敵対関係

連邦の経済はイギリス本国への原料の輸出に頼り切っていた。その為1925年のイギリス革命後、南アフリカの経済は崩壊した。新たにブリテン島にできたイギリス連合は南アフリカの良き輸出相手にはならず、経済再建のために1927年、カナダ連邦とオーストララシア連邦と自由貿易協定を結んだのだが、これれらの経済に与える効果は小規模にとどまっている。

文化[]

1924年の選挙における、アフリカ国民党の勝利はアフリカーナ文化の発展を促進させた。1925年5月5日アフリカーンス語がオランダ語に代わって第二公用語になるなど、アフリカーナ文化の重要性は高まり続けている。

Advertisement