The Kaiserreich Wiki
Advertisement
歴史 ゲーム


ドイツ帝国
German Empire.png
ドイツ帝国旗
正式名称 ドイツ帝国
一般名 ドイツ
標語 神は我らと共に

(Gott mit Uns)

国歌 「皇帝陛下万歳

(Heil dir im Siegerkranz)」

公用語 ドイツ語
首都 ベルリン
政治体制 準立憲君主制
国家元首 ヴィルヘルム2世
首相 クーノ・フォン・

ヴェスタープ

通貨 パピエルマルク
建国 1871年
面積(本土) 544,000 km²
人口(本土のみ) 約7,400万人


ドイツ及び、正式にはドイツ帝国(ドイツ語:Deutsches Kaiserreich)。ドイツ帝国は中央ヨーロッパにある国であり、27もの諸侯から成り立つ、ホーエンツォレルン家によって統治された立憲君主制の国家である。ドイツは世界で最も有力な国の一つであり、世界中にその影響を与えている。1871年のプロイセン=フランス戦争(普仏戦争)の結果、ヴェルサイユ宮殿の鏡の間で建国の宣言がなされ、大戦における勝利者として、アフリカやアジア、太平洋地域などに広大な植民地を所有している。また、ドイツは周辺国と経済的・軍事的同盟を結び、中央ヨーロッパ及び帝国協定の盟主として、地域の国々を主導している。

ドイツは北を北海及びバルト海、さらにデンマークと接しており、東はポーランドリトアニアバルト連合公国と接している。南ではオーストリア=ハンガリー帝国スイス、西ではフランドル=ワロニアオランダフランス・コミューンと接している。また、帝国が所有する広大な植民地において、スペインフランス共和国リベリアアビシニアエジプトオスマン帝国南アフリカポルトガルシャム八州連合山東党を通して)、オーストラリアとも国境線を有している。


歴史[]

統一[]

プロイセン王国の宰相であった、オットー・フォン・ビスマルク(鉄血宰相)の主導の下、1871年1月、フランスのルイ14世が築いたベルサイユ宮殿にて、ドイツ諸国の統一が宣言、ドイツ帝国がここに誕生した。初代皇帝としてヴィルヘルム1世が帝国を統治していたが、1888年3月9日、ヴィルヘルム1世が崩御すると、息子であるフリードリヒ3世が帝位を継承する。しかしながら、即位後わずか99日で喉頭癌により亡くなり、フリードリヒの息子であるヴィルヘルム2世が29歳の若さで帝位を継承した。ヴィルヘルム2世は即位後すぐ、1890年にビスマルクを宰相から解任し、より皇帝に順応な人物を後任に置いた。

日の当たる場所へ[]

ヴィルヘルム2世は植民地の獲得を目指し、海軍大臣であったアルフレッド・フォン・ティルピッツの助言を受け形で、イギリスとの建艦競争を開始した。これによって、挑戦的なドイツの姿勢は列強各国から疎まれるようになり、国際社会での孤立を深めた。1911年、モロッコで起きたアガディール事件は、普仏戦争以来のヨーロッパでもっとも戦争の勃発に近づいた出来事であった。この事件において、皇帝は無責任な戦争への扇動者であるとの評価を国外から受けた。しかしながら、この事件は大戦を未然に防ぎ、戦争の勃発は数年後まで、持ち越しという形になった。その後の歴史によって示された通り、ヴィルヘルム2世による賭けは数年後の世界大戦を経て成功し、皇帝の目指した目標以上のものをドイツは獲得することができたのだった。

世界大戦[]

ヴィルヘルム2世による国民への開戦告知。1914年8月1日

1914年6月28日、ボスニアの州都であるサラエヴォで、オーストリア=ハンガリー帝国の皇太子、フェルディナンド大公がセルビア人青年によって殺害、その一か月後にオーストリアはセルビアに宣戦布告を行い、ドイツ帝国は同盟国オーストリアの側に立って参戦した。そして、ドイツはロシア、フランス、イギリスなどの列強国と次々に戦端を開き、シュリーフェンプランに則って、ドイツ軍はベルギーやルクセンブルクを通過しながら、フランスの首都パリを目指して進撃を行った。しかしながら、マルヌ川においてフランス軍の反攻を受け、年末までに英仏との戦線は膠着した。一方で、東部における戦線も、ロシア国内において膠着し、この戦争の特徴である凄惨な塹壕戦が始まった。

1917年、帝政ロシアはロシア革命によって倒れ、幾万ものドイツ兵は東部戦線から西部戦線に移された。しかしながら、ドイツ国内ではすでに厭戦気分が充満しており、飢餓や略奪が頻発、1918年には、前線にいるドイツ軍兵士をすべて国内へ帰還させることを要求した、社会主義者による蜂起が発生した。ドイツ政府は帝国議会に授権法 (国家における非常事態などの発生に際し、立法府が行政府やその他の国家機関に対し、一定の権限を授権する法律。)を採択させ、反乱を即座に鎮圧した。

1919年3月、4年半にもわたる塹壕戦の末、ドイツ軍はついに西部戦線で協商軍の防衛線を突破することに成功、フランス軍を崩壊させ、フランス政府の屈服とその領土を占領することに成功した。しかしながら、フランス内戦の勃発とドイツ国内の社会不安から、最終的にドイツは、わずかな領土要求と植民地譲渡を除いて、すぐさま撤兵を行った。

議会での授権法の施行に対する議論 1918年11月13日

このフランスでの新たな戦闘に介入するか否か、ドイツ国内では激しく議論がなされ、特に社会民主党(SPD)は、フランスからの即時撤兵と協商との講和を求めるキャンペーンを大きく行った。帝国宰相ヘルトリングは、シュレジアにあるフュールステンシュタイン城で、ルーデンドルフ参謀次長と会談を行い、自身の高齢とさらなる政治的局面を憂いて辞任を打ち明けた。ルーデンドルフはこの政治的責務の放棄に激怒し、会談の途中でベルギー領内のスパに置かれた陸軍参謀本部に戻ってしまった。1919年12月10日、ヘルトリングはカイザーに辞職の意を示し、彼はこのことを了承、後任にはルーデンドルフの強い意志により、新たにヒンデンブルク参謀総長が任命された。

ルーデンドルフ独裁政権[]

フランスに対する劇的な勝利の最中、ドイツは、中東で戦うオスマン帝国の下に部隊を急行させ、戦線の崩壊を防いだ。1919年11月、コペンハーゲンで協商国との休戦条約が締結されたが、実際には1921年の名誉の平和によって新たに講和条約を結ぶまで、ドイツ政府がアイルランドの反乱を支援するなど、英独間での水面下における対立が続いた。

しかしながら、戦争が引き起こした経済的社会的問題は、戦後も依然として残っており、1918年に解除されるまで行われた北海封鎖によって、ドイツ国民は深刻な飢餓に直面していた。さらに、戦後間もない状態での動員解除は多数の失業者を発生し、都市経済の衰弱、アメリカなどの中立国との貿易はすぐさまに回復しなかった。また東欧の衛星国も似たような混乱状態にあった。

この状況に対し、ライヒスバンク総裁のルドルフ・ハーヴェンシュタインやカール・ヘルフェリッヒヒャルマル・シャハトハンス・ルーサーら著名な経済学者が集まり、経済復興のための機関を設立した。この機関と陸軍参謀本部は、新税の導入や徴税制度の整備、帝国諸侯が有していた特権を一部撤廃するなどの改革を行った。これらの改革は、当然ながらアルザスやバイエルン等の構成国家から激しく反対されることになったが、驚くべきことに中央党(Zentrum)からの支持を受け、フォン・ヒンデンブルク宰相によって可決された。これらの改革に加え、さらなる追加の政策も考案されていたが、最終的に不要な物と判断とされ廃案となった。

さらに、ルーデンドルフとヒンデンブルクはこれらの問題を解決するため、一連の改革プロジェクトを始めた。これらの中で、最も成功したといわれているのが、中央党出身のマティアス・エルツベルガーが実行した税制改革であった。この改革は結果的に、帝国の各構成国家から権力を削ぐことに成功し、バイエルン人民党から派生した、バイエルン中央党が結成されることになった。

その一方、ルーデンドルフの提案により行われた、ドイツ人のポーランド国境地帯などへの植民計画は不成功に終わり、目的であった生活に困窮しているユンカーの救済どころか、かえってポーランドとの経済的結びつきを混乱させ、東欧の傀儡国家を中央ヨーロッパ経済圏に結び付けることを阻害した。

ルーデンドルフがドイツにおける最高権力を得てから、国会は無期限に閉鎖され、国民に動揺を与えかねない新聞(いわゆるポピュリズム的な新聞)は議会外での反対運動の主な手口となり、支持者と非支持者との溝はますます深まっていった。さらに、社会主義者鎮圧法が撤廃されたことにより、SPD(ドイツ社会民主党)は公然と法のラインギリギリの行動をするようになり、政府と対立する立場を明確に示し始めた。

ルーデンドルフの独裁政治によって、カイザーは政治における影響力を減らしており、皇帝の最も影響力のある部下からでさえも、カイザーは政治から疎外させられているのではないかという噂があがった。しかしながら1923年にOsthilfeskandal(ドイツ国内で起こった、東部のユンカー支援のための公的資金の横領事件。この事件を報じた新聞社はルーデンドルフの副官を主犯者と報道したため、守備隊がその新聞社を占拠した。そのことを他の新聞社が報道化したため騒動は拡大した。)が起こるとカイザーの命令によりルーデンドルフは公職を追放され、一週間後ヒンデンブルクも彼に続いて辞任し、10年ぶりに選挙の実施が宣言された。その選挙において、結果的にカイザーの下に社会民主主義と自由主義をもたらすことになった。

ティルピッツ黄金時代[]

1923年の選挙は絶叫の日々(独語:Tage der Schreihälse)とも呼ばれるほど混沌としており、一週間が過ぎた後でさえ、明確な勝利者というのは確定していなかった。カイザーは停滞した現状を打開するために、自身の要求を通しやすいDVLP(ドイツ祖国党)のアルフレッド・フォン・ティルピッツ提督を帝国宰相に選んだ。最終的にティルピッツは妥協の末、DVLP(ドイツ祖国党)、NLP(ドイツ国民自由党)DKP(ドイツ保守党)、Zentrum(ドイツ中央党)、およびDRP(ドイツ帝国党)などによる政党連合である『大連合』に政府を形成させ、ドイツを停滞から脱出させたものの、SPD(ドイツ社会民主党)は最大の単一政党として議会に存在していた。しかし一部のDVLPの議員はNLPやZentrumと同一の政党連合を組むことに対して失望しており、その中でも一部の急進的な議員は、メディア王であるアルフレート・フーゲンベルク(史実ではヒトラー内閣で経済相と食糧農業相を兼務している。)が率いるサークルに所属し党の影響力に対抗していった。

ティルピッツは最初に経済自由化政策に取り組んだ。この政策の実施時期はドイツ国内における経済の停滞の終焉と中央ヨーロッパへの投資の結果が出始める時期と一致したため、結果ティルピッツの在任中続く好経済が発生した。この功績によってティルピッツの評判は計り知れないほど高くなり、『第二のビスマルク』とも呼ばれるほどにまで上昇した。

ティルピッツは1925年に発生した英国革命に続く植民地の奪取や翌年の中国の直隷派との同盟によって安全保障が確立されたことによって、海外における軍の撤退を決定した。これらの行動における、ドイツ領中央アフリカによる英国植民地の奪取や、中国における[親ドイツの清帝國の覇権及び、その経済を操る東亜総合会社の設立などによって『日の沈まぬ国』というドイツ国民が長い間持ち続けた野望が実現した。

しかしながらティルピッツの政策はヨーロッパでは成功しなかった。イギリス連合イタリア社会主義共和国フランス・コミューン の同盟国として確固たる地位を確立しており、ドイツはコミューン勢力の拡大の妨害に失敗している。この失敗は1928年8月28日ライヒスバンク頭取カール・フォン・ヘルファーリッチの暗殺という一例にあげられるように、ヨーロッパにおけるサンディカリズムに対する恐怖心を高めた。

政治的空白期[]

1930年6月6日、帝国宰相のティルピッツはハンブルクへ訪れた際に突然亡くなった。この事件はDVLP(ドイツ祖国党)にとって予想外のことであり、ティルピッツに匹敵する新たな後継者の用意ができていなかった。ベルリンで開かれたドイツ史上最大ともいわれた、ティルピッツの葬儀パレードの後、DVLP(ドイツ祖国党)内の議長選出において、急進派であるメディア王のアルフレート・フーゲンベルクウルリヒ・フォン・ハッセルに勝利し議長に選出された。

ついでフーゲンベルクは自身を「第二の宰相(ティルピッツ)」の唯一の後継者として、大規模な宣伝キャンペーンを開始した。しかしながらカイザーはフーゲンベルクを新たな宰相として選ばず、いつになく長い検討期間の後ティルピッツの功績を持続させることに期待し、DKP(ドイツ保守党)のクーノ・フォン・ヴェスタープが8月3日、新たな帝国宰相として選出された。

このカイザーの決定を受け、フーゲンベルクはDVLPを汎ゲルマン主義(過激なナショナリズム、反ユダヤ主義、権威主義、大ドイツ形成、ユンカーの支援)を主張する政党へと舵を切っていき、政府の方針と対抗することになる。これによりDVLPの穏健派のメンバーはDKP(ドイツ保守党)やDRP(ドイツ帝国党)へと移籍することになった。

この新しい状況下、約二年後の1932年7月16日に選挙が実施された。クーノ・フォン・ヴェスタープが率いる、DKP(ドイツ保守党)は議席の例年通り28%を獲得した。対照に「新たな」DVLPは5%という過去最低の結果を出したことにより、かの改革が成功ではなかったことを証明した。SPDは党の設立から約20年たっていたため、安定した支持基盤を確立しており、34%という結果をたたき出し、議会における最大の議席を持つ党になった。

この時点でドイツ帝国は停滞しており、国民と政治家が望んでいることはさらなる成長ではなく、現状の緩やかな維持であった。しかしながらカイザーは年老いており、先の大戦後の世界秩序も徐々に風化していき、現状を維持することは極めて難しいものとなっている。歴史上ドイツはこれほど強力な国家となったことも、平和を維持するためにこれほど重い負担がかかったこともなく、この先ドイツがどのような道を辿るか誰にも予想できない。

政治と政党[]

ドイツの政治体制は、プロイセン王国との同君連合という形でドイツ帝国を統治している皇帝を元首とする半連邦制の立憲君主国である。第二帝国憲法によると、宰相と政府の任命はカイザーにのみ与えられた権限であるが、立法に関しては議会の承認が必要である。議員は普通男性選挙によって各州の代表者から選出される。 その権威的な政治体制にもかかわらず、議会において多数派政党から宰相が選出されることをはじめ、多数派が非常に有利なように設計されており、さまざまな党が政党連合を組み、与党として政策に影響を与えている。現在の与党である連合はドイツ保守党(DKP)、ドイツ中央党(Zentrum)、ドイツ帝国党(DRP)などによって構成されている。

軍事[]

陸軍[]

Das Deutsches Heer(ドイツ陸軍)はロシア共和国に次いで、2番目に大きな軍隊を保有している。しかしながら、近年度重なる将校たちのスキャンダルによってドクトリン研究や軍事訓練が間に合わず、膨大化する軍事費に見合っている状態とは言えない。陸軍元帥でありトップのアウグスト・フォン・マッケンゼンはドイツ陸軍に大規模改革は必要ないと長年主張し続けていたが、彼ももう年であるため、状況はすぐに変わるかもしれない。

ドイツ陸軍のほとんどは1920年代の宰相アルフレッド・フォン・ティルピッツ時代に作成された、防衛ドクトリンに従って、ヨーロッパに配備されている。多くの東ヨーロッパの傀儡国家がロシア共和国との緩衝国家として機能しており、フランドル=ワロニアとエルザス=ロートリンゲン地方をはじめとした、フランス国境は引き延ばされたルーデンドルフ線が防衛の要として働いている。 植民地の防衛については、モロッコ、シンガポール、太平洋諸島、西アフリカなど戦略的価値のある場所を除いて、ドイツ領中央アフリカとAOGの民兵によって防衛されている。

海軍[]

Die Kaiserliche Marine(帝国海軍)は世界で最大かつ最強の海軍であるが、大戦前のイギリス海軍の他国への優位性の高さには到達していない。帝国海軍は時代遅れの艦船も多いものの、世界最大級の戦艦隊を持ち、空母も保有する数少ない国家である。 帝国海軍は世界中に拠点を置き、他国への圧力をはじめ、脆弱なシーレーンの防衛など様々な役割を果たしている。 帝国海軍は、現在ルートヴィヒ・フォン・ロイター提督が率いている。

空軍[]

Die Luftstreitkräfte(防空軍)は大戦で名を馳せた、マンフレート・フォン・リヒトホーフェン元帥が率いている。 世界最大の空軍である。防空軍は大量の爆撃機で地上支援をドクトリンとしている。海外展開もしており、青島などには多数の航空機が配備されている。

外交関係[]

ドイツ帝国は先の大戦での勝利によって成立した、Mitteleuropaのリーダーである。Mitteleuropaはドイツとその傀儡国、およびドイツの同盟国で構成されている。

帝国協定はドイツ主導の相互防衛同盟であり、ドイツの傀儡国家すべてが所属している。

ドイツは元中央同盟国である、オーストリアハンガリーオスマン帝国、とは友好関係を結んでいるもの、かの国たちは今のところはMitteleuropaおよび帝国協定に参加の意思を示していない。

ドイツは反サンディカリズム国家としてフランス・コミューンイタリア社会主義共和国イギリス連合とは徹底的に敵対しており、元敵国であった協商国のカナダ、およびフランス共和国とは現在敵対の意思を示していない。

植民地[]

急拡大するドイツ植民地帝国のほとんどは、大戦後に獲得したものであり、大戦中はほとんど協商国の占領下にあった。1921年以降イギリスとフランスの両国家が崩壊したことによって、その2つが持つ世界中の広大な植民地を獲得することに成功した。

アフリカ大陸においてはそのほとんどをドイツ領中央アフリカに統治を委託しているが、ベルベラ、ジブチ、マダガスカル、モーリシャス島、レユニオン島は直轄で統治している。極東地域ではインドシナ、キアホー湾、シンガポール、ボルネオの一部などはドイツ領東アジアが管理しており、セイロン、青島、などはドイツ帝国が直接管理している。オセアニアにもカイザーウィルヘルムズランド、ビスマルク諸島、ソロモン諸島、ブーゲンビル島、アンゲネム島、マーシャル諸島、マリアナ諸島、キャロライン諸島、ドイツ領サモアなどの植民地を保有している。

文化[]

ドイツにおける女性[]

経済的、社会的な努力によって、主要都市においてサービス業や事務職など多くの職に女性が就くことができるようになってきたものの、保守的な法律により女性の選挙権はいまだ存在しない(例外的にヴュルテンベルクやバーデンなど一部の都市では地域議員選挙への投票権が認められている)。しかしながら、ドイツにおける社会主義の母とも呼ばれるローザ・ルクセンブルクは女性であるなど、女性の政治家が少数ながら存在することから、Frauenwahlrecht(女性参政権)は政治的な問題となっている。

文学[]

現在、ドイツのトップ作家は反戦本「Durchbruch」(1921)と「Der Wegvorwärts」(1931)を記した、エーリヒ・パウル・レマルクであり、この2冊は帝国議会の禁止にもかかわらず、高い人気を誇っている。 ノーベル賞受賞者のトーマス・マンは皇帝の支持者として知られており、彼の有名さを生かすため時折外務大臣を務めていたことでも知られる。 「Weltkrieg diaries」(兵士たちから見た大戦)の流行の立役者エルンスト・ユンガーは現在、ドイツ領中央アフリカの高官として活躍している。 ドイツの作家も極めて政治的に過激な作品を書くこともあり、劇作家のベルトルト・ブレヒトはサンディカリズムを称える内容の劇を多数書き、検閲に引っかかることも多かった。しかしながらオスヴァルト・シュペングラーとの合作ではその過激な成分が薄められた。またドイツ哲学に影響を受けたアルフレッド・ローゼンバーグのナショナリズムには大きくはないが無視できない影響をドイツに与えている。

音楽[]

ドイツは公式にはクラシック音楽を推奨しているものの、ワーグナー、バッハ、ブラームス、モーツァルト、ヘンデル、すべてのドイツの作曲家は人気がなくなってきている。カイザーですらスコット・ジョプリンを崇拝するなどクラシックの影響力は少なくなっている。 ヴィルヘルム皇太子の妻、セシリエ皇太子妃は現代音楽好きで有名である。ジークフリート・アルカン、ボギスワウ・フバーマン、ヴィルヘルム・ケンプ、エリー・ナイ、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー、ヘルベルト・フォン・カラヤンなど著名な作曲家がツェツィーリエンホーフ宮殿で彼女のため、小さなコンサートを行っている。

映画[]

ベルリン郊外にあるバベルスベルグスタジオはヨーロッパ最大のスタジオであり制作数、品質などはハリウッドに匹敵し、ドイツの映画産業は世界規模になり、ヨーロッパの夢の産業と化した。さらに最近亡くなったフリードリヒ・ムルナウの尽力により、映画は政府の宣伝ツールを超えて、芸術作品として昇華した。 ドイツ国民はハンス・アルバース、マレーネ・ディートリヒ、エルンスト・ルビッチの有名な戯画を好んだ。しかしながら、フリッツ・ラングの作品はダークで現実的な雰囲気で国民の好みには合わなかった。

絵画、彫刻、建築[]

ダダイズムの波はドイツにも伝わり、ドイツは長い大戦と封鎖に苦しんでいる間、芸術に有益な部分を享受した。例えば、マックス・エルンストとジョージ・グロスの作品は戦争中のトラウマを題材にしている。

都市設計においてはヴァルター・グロピウスとそのライバル、アルベルト・シュペーアはドイツ政府の大戦の記念碑を建設するため、それぞれ奮闘している。

アルノ・ブレーカーの彫刻は、当初ドイツ人男性のお祝いとして製作されたが、ヌードであるためドイツ政府によって下品であるとして裁かれた。

Advertisement